Front-carrier System

フロント・キャリア・システム

BROMPTONの魅力の中で、折り畳みに関する部分は誰もが認めるところ。しかし、それと並んで、魅力的なのが、フロント・キャリア・システムです。
ワンタッチ着脱可能であるのに、高荷重に耐え、ガタが出ない構造であったり、ハンドルに荷重かからないなど、汎用バッグはもちろん、他のどの自転車の専用バッグと比べても良くできていて、このシステムを他の自転車にも使いたいと考える人も少なくありません。
その一方、すばらしい折り畳み性能の陰に隠れてしまっているからか、このシステムの魅力に全く気が付いていないBROMPTONオーナーがいらっしゃることにも驚かされます。高価なのも事実ですが、それ以上に便利で画期的なシステムですので、是非お使いください。

Lineup of Front-carrier System

フロント・キャリア・システム一覧

Front Carrier Block

フロント・キャリア・ブロック

Pannier01

フロント・キャリア・システムを使う場合に、フロント・キャリア・ブロックを必ずBROMPTONのヘッドチューブに装着する必要があります。
キャリア・フレームを上から差し込むだけで、しっかりロックされ、上に引き上げても抜けることはありません。外す場合は、下部に出ているレバーを手前に引いて、キャリア・フレームを上に引き上げます。
キャリア・フレームが差し込まれる部分の形状は、上からの荷重により、くさび状にはまりこむため、ガタがでず、しっかりフィットします。

ブロンプトン・フロント・キャリア・ブロックについて

Carrier Frame

キャリア・フレーム

Pannier11Pannier12

今まで1種類だったキャリア・フレームですが、2006年の新モデルSハンドル・モデルの発表と共に、Sバッグが発売されたため、キャリア・フレームは、高さのみサイズが異なる大小2種類になりました。写真右の小さいキャリア・フレームがSバッグ用で、それ以外のパニアは全て写真左の大きなサイズのキャリア・フレームとペアで使用します。
Sバッグ以外のパニアは、キャリア・フレームが共通ですので、キャリア・フレームは一つのみ所有し、バッグ自体(布製の部分のみ)を各種所有して、使い方に合わせて着せ替えて使うのがお得な使い方です。
なお、当初より日本で流通していた台湾製BROMPTONのオプションとして作られたパニア(バスケット含む)は、キャリア・フレームのサイズが英国製システムと異なりますので、互換性がありません。

ブロンプトン・キャリア・フレームについて

ブロンプトン・キャリア・フレーム(Sバッグ用)について

Cloth Pannier

英国製クロス・パニア

Pannier21Pannier22Pannier23

英国製のBROMPTONの基本的なパニアです。Sハンドル以外のモデルのBROMPTONに使用可能です。
メイン・コンパートメントの内側には下面と背面をサポートする形で樹脂製の型くずれ防止材が入っていて、背面側は書類や雑誌程度の薄いものを入れるポケットとして使えます。パニアの外側背面で、乗車位置から見ると手前側にはファスナー式のポケットが付いていて、財布や携帯電話などの小物、輪行時に使うカバーや、ボトルなどを収納することができます。
新型は、前面にリフレクターが縫い込まれています。また、両サイドの布製ループが強化され、樹脂製のD環が付きましたので、ショルダー・ストラップを装着してショルダー・バッグとして使用することも可能になりました。
素材はDuPont社Corduraを使っています。
容量22リットル。

英国製クロス・パニアのみ(キャリア・フレーム含まず)について

英国製クロス・パニア一式(キャリア・フレーム含む)について

Folding Basket

英国製折り畳みバスケット

Pannier31Pannier32Pannier33

大きく口が開いているので、買い物用のバスケットという使い方に適しています。Sハンドル以外のモデルのBROMPTONに使用可能です。
手提げのストラップが付いている以外は、ポケット類など全くなく、とてもシンプルな仕様ですが、内側にロの字型の金属パイプ製の筋交いフレームが入っているので、型くずれすることが有りません。
また、この筋交いフレームを手前に引くことで、バスケットの口を閉じる形で畳むことが可能で、荷物が入っていない場合にはコンパクトに持ち運ぶことが可能です。
素材はDuPont社Corduraを使っています。
容量24リットル。

英国製折り畳みバスケットのみ(キャリア・フレーム含まず)について

英国製折り畳みバスケット一式(キャリア・フレーム含む)について

Touring Pannier

ツーリング・パニア

Pannier41Pannier42Pannier43Pannier44

基本的な英国製クロス・パニアとの違いは、ファスナー式であった開閉部が、全て折り込み式になっています。これは容量をアップと防水性を考慮したもので、ツーリング用として考えられたパニア・バッグです。Sハンドル以外のモデルのBROMPTONに使用可能です。
メイン・コンパートメントとサイド・ポケットは、封筒状になった上端部から、くるくる巻き取って、バックルで固定しますので、荷物の量によって、パニア・バッグの外見が大きく変わります。
メイン・コンパートメント内部は、英国製クロス・パニアと同様の作りですが、外部前面と側面下部には網状のポケットが広く張られ、ここに小物やボトルを収納することが可能です。メッシュですので、濡れたタオルや、いざというときにすぐ出せるので、レイン・カバーなどを収納しておくと便利です。
素材はDuPont社Corduraを使っています。
容量28リットル。

英国製ツーリング・パニアのみ(キャリア・フレーム含まず)について

英国製ツーリング・パニア一式(キャリア・フレーム含む)について

S-Bag

Sバッグ

Pannier51Pannier52Pannier52

2006年に搭乗した新モデルSハンドル・モデル用という位置づけの新型のパニアですが、全てのBROMPTONに使用することが可能です。
BROMPTON Sハンドル・モデルは、ハンドルの位置が従来の物より低く、従来の高さのパニアは使用できないため、このSバッグが作られました。
高さが低いというのがこのSバッグの最大の特徴ですが、他のパニアとは一線を画した思想で作られていて、ポケット類が豊富で、携帯電話ホルダーやペン・ホルダーが縫いつけられ、後ろ側のポケットにはベルクロ・テープを使用したりと、カジュアルなイメージです。色もグレーと黒の2色の布地を組み合わせ、今までにないポップなイメージで、他のパニアを使っていた人も、欲しくなる製品です。ショルダー・ベルトが付属しています。
容量20リットル。

Sバッグ一式(キャリア・フレーム含む)について

C-Bag

Cバッグ

Pannier61

クロスパニアのモデルチェンジ版という位置づけの新型のパニアで、Sハンドル以外のモデルのBROMPTONに使用可能です。
Sバッグと同様、カジュアルなイメージです。色もグレーと黒の2色の布地を組み合わせ、ポップなイメージです。
前面の蓋の上に書類など薄い物を入れられる大ポケットがあります。 手前に左右に中ポケットがあり、ファスナーで上半分がひらきます。
サイドにもポケットがあり、携帯電話などの小物を入れと、メッシュポケットです。
蓋は、前面の2本のバックル付きベルトか、マジックテープだけで簡易に固定することも可能です。 蓋を開けると、Sバッグ同様、中央下にカードサイズの透明ポケットと、前面左右に小ポケットがあり、薄い物が入れられます。内部には、大きなポケットが有ります。
5cm 幅のストラップ及び大な肩パットが付いています。 表に出ている各ファスナーは、防水シールがされています。
純正のレイン・カバーが付属しています。
容量22リットル。

Cバッグのみ(キャリア・フレーム含まず)について

Cバッグ一式(キャリア・フレーム含む)について

Rainproof Cover

レイン・カバー

Pannier61

全てのパニアに使用可能な容量を持つレイン・カバーです。
しっかりしたゴムの入り口を開いて、パニアの上から被せて、すっぽり包みます。

レイン・カバーについて


お気軽にお問い合わせ下さい : info@ikd21.co.jp
Copyright© 2005 CYCLETECH-IKD All rights reserved.